pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point京都会館開館50周年記念・祝典コンサート「第九」@京都会館第一ホール (2010.4.29)

kyotokaikan.jpg

指揮:井上道義
演奏:京都市交響楽団

ソプラノ:菅英三子
メゾ・ソプラノ:加納悦子
テノール:米澤 傑
バリトン:三原 剛

合唱:京都会館50周年祝典第九合唱団

プログラム:
ベートーヴェン/序曲「コリオラン」作品62
ベートーヴェン/交響曲第9番 ニ短調「合唱付」 作品125

---

京都会館開館50周年記念で50年前の開館記念コンサートと同じ「第九」を再び、という企画らしいです。コンサートの前に30分ばかし市長だの知事だのの挨拶やら表彰式だのがあってちょっとだるかった。チケットは2,000円と破格の値段でした。なのにプログラムには「ありがとう50周年京都会館」などとプリントの入った中途半端な大きさのエコバッグみたいなのがついていた。いらないので返却したけど(笑)。

井上マエストロ×京都市交響楽団の第九は、去年の年末に聴いたばかりだけど(笑)、今回は「コリオラン」も聴けてよかったな~。でも第九に関しては、年末の方が良かった気がした。井上マエストロはもちろん全力投球で、動きを見てるだけでもドキドキですけど、終わってから汗かいてちょっぴり息をきらせてたのがまたかっこよかった~。って、なんか見どころ間違ってませんか(笑)。それと前回の時は気付かなかったけど、さすが~第九は暗譜で振ってらっしゃったのね~。

合唱団は、この日のために一般公募で選ばれたそうで、なんと約300名。いいなぁ~わたしも井上さん指揮で歌ってみたいよ~。厳しそうだけど。歌うどころじゃなさそうだけど(笑)。しかしなんか、ずっとピアノの静か~なところでテノールの変にはりきってるような声が聴こえたんだけど気のせい?それとテノールのソリストがいまいちだったなぁと思ったけど、プロフィール見たら結構すごい人なのね。そんなにすごかったかなぁ。と言うかソリストはソプラノ以外もひとつだった気が...。メゾ・ソプラノの声はほとんど聴こえなかった。ソプラノの人は、何食わぬたたずまいして響く声を出されててすごいなぁと思ったけど。まあ、わたしの耳とセンスはかなりあてになりませんので。すいません。

それにしても井上マエストロ、50周年記念の場で、「ベートーヴェンはピカソと同じで9つの交響曲のうちひとつとして同じものはありません。どんどん古いものを壊して行ったんです。」で、「どうですか、このホール。いいものを求めるんだったら壊しても良い時期じゃないですか」だなんて、ユーモアが過ぎますヨ(笑)。

2010/04/29(木)22:15 | Music | トラックバック(0) | コメント(2)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>イソさん
はじめまして。
ブログ拝見しました。フロイデ合唱団の方なんですね!

ええと、京都までは、聴きに行っただけです(笑)。
歌う方は、去年河内長野ラブリーホール合唱団で第九をやりましたが、今年は来年の2月コンサートにむけてヘンデルのメサイアを練習してます。
今年もどこかで第九歌いたいとは思うんですが、諸般の事情により、ちょっとムリな感じです~。

ところでフロイデ合唱団さんには、来年「ミサ・ソレムニス」でお世話になりたいと思っています。よろしくお願いします!

2010/05/10(月) 21:00:48 | URL | [ 編集]

pointイソ []

京都までいかれているんですね。
ブロクで関西の第九の情報あつめています。
第九の情報詳しいと思いますので、
洩れている情報があれば教えてください。
御願いします。m(_ _)m

2010/05/10(月) 19:55:03 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/872-4bec1a1f
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。