pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』[DVD]

ウルヴァリン:X-MEN ZERO <2枚組特別編>[DVD]ウルヴァリン:X-MEN ZERO <2枚組特別編>[DVD]
(2010/02/03)
ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ、ダニー・ヒューストン ほか

商品詳細を見る

買っちゃったのよ(笑)。

監督が替わった『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』にあまりにも激しくガッカリしたので、このスピンオフも横目でチラ見しつつ結局劇場には観に行かなかったんだけど、DVD発売のCMを何回も見てたらやっぱり観たくなり(フォックスジャパンの思うつぼ)、発売二日前のすべりこみでアマゾン予約27%オフ価格でぽちっとしてしまってました(笑)。(余談だけど予約特典の原作コミックカバー集、あと1センチ小さくしてDVDのケースに入る大きさにして欲しかった...。保管に困るんだよなぁ、こういうの。)

んで、どうだったかと言うと、3の時ほどの余計な思い入れなしに観れたから楽しめましたよ。全然別物でもないから、本編につながるエピソードにもなるほど~って感じだったし。サイクロップスたちのこととか、ローガンの爪はもともとはあんな風だったのか~とか、「ウルヴァリン」って名前の悲しい由来とか...。中盤のどんでん返しにはわたしもびっくりしたけど、もともとは仕組まれたことだったとは言え、偽物だったわけじゃなくて良かったよ...。はうぅ。と言うか、ローガンの人生、辛すぎるやんか~(涙)。

それにしても、2でも思ったけどストライカーってホンマにむかしっから嫌な奴やねんな。ふてぶてしさと狂気を秘めた感じは、2のブライアン・コックスの方が上だったと思うけど。でもまあ、2より若い頃なんだしそれが自然かも。とかも思いつつ、つい、やっぱり2が一番だったなぁ!とか思ってしまう方は、mixiの、ただいま参加メンバー4名の「Bryan Singer's X-MEN」コミュをよろしく(笑)。

今回は、記憶を失う前のローガンの人生を知れてよかったけど、スピンオフ次回作は日本が舞台だとか。外国人が撮ったヘンな日本に「あ~あ...」ってなりそうだから元々全然そそられないけど、特典映像の「もうひとつのエンディング」を見て、やっぱりさらに観る気がなくなったね(笑)。

ところで、ウェポンXIはともかく(笑)、ビクターはあの後どうなったんでしょうか?

2010/02/04(木)01:01 | Days | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/837-efce9682
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。