pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point『戦場でワルツを』 [映画]

waltzwbashir.jpg

原題:Waltz with Bashir (2008年イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作、イスラエル映画)
公式サイト:http://www.waltz-wo.jp/

---
イスラエル産のモノにはビタ一文払わないぞと決めてますが、これは観に行っとかなくちゃ、と言うわけで。

噂通りのすごい映画でした。ストーリーは、映画の監督であり主人公のアリの「抜け落ちた記憶」を拾い集める旅のようなものを続ける中で、友人が語る記憶やインタビューのシーンに終始していて、映画の中の「敵」についての情報とか歴史的な経緯なんかはほとんど、と言うより全く出て来ない。だけど、夢かうつつか、恐ろしくて美しいアニメーションの世界にすっかり入り込んでいると、最後の最後に、主人公とともにリアルな現実へ引き戻されてしまう。最後のその事実だけで十分、と言わんばかりで、その通りなんだろうと思う。内容はもちろんずしんと来るものなんだけど、この映画が静かに言わんとしていることを差し置いても、冒頭のスタイリッシュとも言えるような不安な犬のシーンからラストまで、音楽の使い方から映像から何もかも、「非の打ちどころがない」と言うのはこういう映画の事を言うんだろうなと思わせられた。見ごたえありです。

サブラ・シャテーラの虐殺後のシーンでは、やっぱり去年の年末から年始にかけてのガザ空爆で犠牲になった子供たちの写真を思い出さずにはいられなかった。サブラ・シャテーラの虐殺は1982年に起こったことだけど、全く、去年と同じ光景だった。今現在は攻撃さえなくなったけれど、パレスチナの人たちは、イスラエルの封鎖により依然厳しい状況下におかれている。『壊れる前に...』さんが「水も尽きるガザ」で書かれているように、食料ばかりか水さえ手に入れるのが困難になっていて、今出ているビッグ・イシューの記事によると、雨水を貯めることでさえも、イスラエル軍に妨害されることもあるそうです。こんな、国家ぐるみで、兵糧攻めにして相手が力尽きるのを待っているような事が、許されていていいんだろうか。デモに参加したって結局何も変わらなかったけど、何か出来ることを探してやり続けて行かなくちゃならないと改めて思った。ホントに微力で、何も出来なくてごめんなさいと謝るばかりだけど。去年わたしがやっと気付いたように、この映画で、パレスチナに気付いて関心を持ってくれる人が増えるといいと思う。アリの記憶の旅は終わったけど、彼がそれを背負って行かなくちゃならないのと同じく、知ってしまったわたしたちににもそれぞれ、やらなくちゃならないことがある。

と、いうような説教臭いことは、この映画は全然言ってませんでしたけどね!ついつい、思考の流れのままに散々説教臭い事を書いてしまっておいてナンだけど(笑)、とりあえずそういうこと抜きで、まあ観てくださいよ、この映画自体の世界観にすっかり引き込まれるから。絶対映画館で観た方がいいと思います。


参考:
パレスチナの子供の里親運動」内のページ→「サブラ・シャティーラの虐殺

*梅田ガーデンシネマでは、5日(土)12:10上映の回の後、パレスチナ問題に詳しい岡真理さん(京都大学大学院・人間環境学研究科教授)のトークがあります。行ける方は是非どうぞ。わたしも行きたかった...。
*そして、18日(金)19:00からはメイキングDVDの無料上映会も。映画の半券等の掲示で入場可とのこと。こっちは観に行けそうかも。

2009/12/05(土)01:15 | Movie | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/795-66d2ac46
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。