pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point大阪フィル「名曲ベストセレクション」マチネ・シンフォニー Vol.2@梅田芸術劇場メインホール

20091203.jpg

指揮:井上道義
ピアノ:キリル・ゲルシテイン

演奏:大阪フィルハーモニー交響楽団

曲目:
グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲 作品43

(アンコール)
ラフマニノフ/メロディ


(休憩)
ドヴォルザーク/交響曲 第9番 ホ短調「新世界より」作品95

(アンコール)
ドヴォルザーク/スラヴ舞曲第8番 ト短調
---

わざわざ有休取って行ってきました。ベートーヴェンは1曲も演らないんだけど、チケット買った時は、「今年の井上さん見納めだしっ、行っとこっ」と思ってたんだね(笑)。結局、26日に京都で第九を振るのを聴きに行くんだけど。去年のPACとのチクルスではやらなかったので、井上さんの第九、お初です。楽しみ。

んで、本日は別の「第九」。ドヴォルザークって、な~んだかじじむさいイメージがあるんだけど(単に肖像画のせい?それとも唯一持ってる交響曲全集のジャケが指揮者のノイマンさんの写真で、これまたおじいさんだから?(笑:しつれい))、井上さん指揮でイメージ変わるのか変わらないのか、興味があったりして。開演前に10分ほど井上さんのトークがありました。相変わらずかっこいいわぁ~(完全にミーハー)。

グリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲は、ドラマののだめスペシャルで片平(石井正則)さんがジャンプしながら振った曲ですね。井上さんはジャンプこそしてなかったけど勢いがあってとっても楽しく、でも流れるような旋律の時はチェロの響きが気持ちよくって、うっとりしてしまいました。ロシアの作曲家に共通して流れてる(ような気がする)、きらびやかな哀愁みたいなのって、なんなんでしょうねぇ。

ラフマニノフのピアノ独奏はロシア人のキリルさん。79年生まれの30歳、なんだけどそうは見えませんでした(笑)。でもピアノの音は、最後の余韻までキラキラしてた。これもロシアの響き?(笑)どうでもいいんだけど、斜め後ろの方で、立ちあがってブラヴォーブラヴォーって何回も言い続けてたオバチャンがいて、なんだかこっちが恥ずかしかったヨ。ま、大きなお世話ですケド。

「新世界より」は、お約束ですが第2楽章はどうしても「と~おき~や~まに~ひ~はお~ちて~」って頭の中で歌ってしまうなぁ(笑)。それと、なぜだか映画『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のラスト、フロドたちが灰色港から旅立つシーンが浮かんできて、しんみりしちゃったよ。似てません?まあ、今日の演奏聴いて、じじむさいとまでは思わなかったけど(笑)、第4楽章のよく知られてる第一主題のメロディを金管楽器が派手に鳴らすところを聴くと、なんか、やっぱりおっさんくさいな~と思っちゃうのは何故なんだろうかしらん?どうもわたしはトランペットとかトロンボーンだとかがぱーんと派手に鳴りまくってるのがちょっと苦手なようですねぇ。同じ金管楽器でも、ホルンはまた違うんだけど。途中で、弦楽器の第一奏者の独奏みたいになるところ(?)は良かったなぁ。ちなみに今ノイマンおじいさん指揮のを聴いてるんだけど、どこがそうだったか皆目わからないのですが(笑)。

アンコールの舞曲は楽しかった。でもひょっとして井上さん、ラスト振り間違えました?リアクションがおちゃめでステキでした~(完全にミーハー)。

とか(?)、苦手な昼間のコンサートだけどあまり船を漕ぐこともなく(実はラフマニノフで少し...)、思ってたより楽しめたんだけど、終わってから、やっぱりベートーヴェンは特別だよなぁ~と、しみじみ思ってしまいましたとさ。関係ないけど、ここのワインは600円と、他と比べてちょっと高いけど、小さい瓶入りなので無理して飲み切らずに持って帰れるから良いですね。

2009/12/03(木)21:50 | Music | トラックバック(0) | コメント(3)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>こはるんさん
再訪ありがとうございます。

コンサート、そんなに頻繁に行ってるつもりはないんですが、
先月今月は立て込んでます(笑)。
感想がみっちりなのは、余計なことばっかり書いちゃうからですね。
旦那様の着信音、こわいですっ!(笑)

聖響さんのチクルス、通し券で買ったので、
来週の第九も行きます!
そのあとは自分の出る第九の練習なんですが(笑)。

>クワチョロさん
ノイマンさん、渋すぎます(笑)。
と言うか、今よりもっとクラシックの右も左もわからない時にタワレコに買いに行ったら、交響曲全集はノイマンさんのしか置いてなかったので買った、というだけのことなんですが。

ベートーヴェンは、何故にこんなに特別なんでしょう?(笑)

2009/12/04(金) 22:37:19 | URL | [ 編集]

pointクワチョロ []

ノイマンとか渋いですねw
ベートーヴェンは特別ですよねえ♪

2009/12/04(金) 14:25:36 | URL | [ 編集]

pointこはるん []

こんばんは。
ブログのコメントありがとうございました。

コンサート頻繁に行かれてますね~。
感想もみっちりですね。
新世界第4楽章は私の旦那さんからの着信音です。
「ダーダダーダ…」ちと、怖いでしょ?

みなみ虫さんはベートーヴェンがお好きだということで
もしや、と思ったら やっぱり。
金聖響×OEKベートーヴェンチクルスへ行かれているんですね。
私も2と3に行きましたよ。





2009/12/03(木) 23:42:02 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/794-a90e3fcc
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。