pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point日本テレマン協会・第160回記念教会音楽シリーズ『メサイア』@カトリック夙川教会聖堂

G.F. ヘンデル:オラトリオ『メサイア』~ドイツ語歌詞による~

指揮:延原 武春
演奏:テレマン室内オーケストラ

ソプラノ/渡辺有香・林千夏
アルト/塩見典子・山本有香子
テノール/後久義昭・中塚昌昭
バス/林康宏

合唱:テレマン室内合唱団
---

先日コメントいただいたSさんのご厚意に甘え、夙川教会に聴きに行ってきました。海外旅行の時でもないと、教会なんかに立ち入る事もないので、それだけでも非日常な感じで楽しかったです。帽子を取って聖堂の中に入ると、チェンバロの調律(?)の音が聞こえてきて、わたしの頭の中では突然、ドーォナノービスパーチェム ドーナノーォォビスパーァァァチェム♪って歌声が鳴り響きました。こないだ同じくテレマン協会さんのハ長調ミサ曲を聴いてから、ちょっとはまっているのです。この曲をこんなによく聴いてる人ってあんまりいないだろうなと思いつつ(笑)。

今回歌はドイツ語歌詞で、オケはもちろんバロック楽器で、とってもコンパクトな編成でした。教会って、よく響くなぁ。訳詞はなんと天井(vaultって言うんでしたっけ?って、なんでわたしこんな単語知ってるんだろ?謎(笑))に、スライドで映し出されていました。歌詞の内容は、カトリック教徒じゃないわたしにはよくわからんのぅって感じですが、演奏はすごく楽しかった。去年の「第九deクリスマス」の第二部で少し聴いた以外では、テレマンさんの演奏ってベートーヴェンの曲しか聴いたことがなかったけど、どちらかと言うとやっぱりこういう時代の音楽が一番しっくり来ると言うか、本領発揮!って感じなのかなと思いました。いつもわたしが聴いてるガーディナーさん版よりちょっとテンポが速かった曲(多分...(笑))もあって、かっこよかった。あと、ハレルヤコーラス、わたしは他のとこで好きな箇所がたくさんあるから特に何とも思ってなかったんだけど、やっぱり生で聴くと、ぅわ~っとなりました(笑)。特に、ガーディナーさんのって、あの箇所ちょっと押さえ気味な感じがするし。ドイツ語歌詞も新鮮でした。やっぱりドイツ語続けようかなぁ(笑)。今年いっぱいで講座受講はやめようと思ってたんだけど。むむー。

「やめる」と言えば、河内長野通い(笑)。こんなの聴かされちゃうと、ますます来年の「メサイア」も続けてみようかなとか思っちゃいます。歌うの楽しいのは間違いないし(笑)。どうするかなー。

そんなこんなで、とても楽しかったです。ありがとうございました。

2009/11/24(火)15:00 | Music | トラックバック(0) | コメント(2)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>おすぎさん
こちらこそ、ありがとうございました!
公演のチラシの内容などを見て、そうなのだろうなぁと思っておりました。
どうやらわたしはベートーヴェン以外では、
ロマン派以降よりバロック音楽の方が好きなものが多いようなので、
これからちょこちょこ手を出して行きたいと思います(笑)。

いつもはもっと速いんでしたか!
是非英語版でもまた聴いてみたいです。
ガーディナーさんのは、「ミサ・ソレムニス」が良かったので選んでみたんですけど、
じゃあ他の演奏は聴き比べ無用でしょうか(笑)。

河内長野通いは、かなり気持ちが固まりつつあります(笑)。
ありがとうございました~。

2009/11/25(水) 22:27:34 | URL | [ 編集]

pointおすぎ []

先日はお越しくださり本当にありがとうございました☆
おっしゃるとおり、うちは元々バロック音楽を主なレパートリーとしていて、その後そのアプローチをモーツァルトやベートーヴェンに広げていったんです。去年お越しくださった「100人の第9」もそういう発想で始まった企画でした。今でも活動の中心はバロックですね。
ご存じでしょうがそもそも「テレマン」というのは、バロック時代のドイツの作曲家の名前です。バッハやヘンデルよりも4歳年上で、二人にとっては憧れの先輩だった人物なんですよ!
日本テレマン協会というのは延原が大学生の頃に仲間と作った団体ですが、バッハでもヘンデルでもなく「テレマン」の名前を付けたところに延原のこだわりを感じます☆

今回はドイツ語でしたから、延原のテンポ設定もいつもの《メサイア》よりはかなりゆっくりでしたが、いつもはもっともっと速い曲もあります。
《メサイア》のCDもいろいろ聴きましたが、やっぱり私もみなみ虫さんのお気に入りでもあるガーディナーの演奏が一番という気がします。モンテヴェルディ合唱団のうまさ、ソリストの水準の高さももちろんですが、やはり英語の発音が上品なのが魅力ですね。
河内長野は遠いですけど、お知り合いもおられるでしょうし、(他人事ながら)この際お続けになっては…と思っております!
またどうぞお気軽にお出かけくださいね!



2009/11/25(水) 16:10:28 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/785-f3fae037
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。