pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point『パイレーツ・ロック』 [映画]

boat_that_rocked_ver9.jpg

原題:The Boat That Rocked (2009年イギリス映画)
公式サイト:http://www.pirates-rock.jp/(音が出ますのでご注意)

ロックを愛するおバカな野郎どもの愉快な映画でした~。あんまりいろんなコト考えずに楽しむが良し!!(笑)

とは言え、リチャード・カーティス監督(&脚本)。泣かせてやろうみたいな意図がちらちら見えるシーンにはわたしは逆にちょっと冷めてしまい(ロックの映画なのに、泣かせシーン(?)ではオーケストラな曲(ハンス・ジマーの楽曲だそう)を持ってくるのはなんでだ?とか(笑))、コメディならコメディに徹してくれてた方が面白かったかなと思わないこともなかったり。なんでだろ、ストーリーとかおおげさな(笑)オチに全然不満はないんだけど。う~ん。とか言ってるのはわたしだけのような気もするけど(笑)。前作「ラブ・アクチュアリー」も、もちろん嫌いじゃないんだけど、ひねくれ者のわたしにはどうもあの映画を大好き!と言えない何かがあるんだよなぁと思ってたけど、パンフレット見たら、監督は「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」の脚本も書いてたんですね。知らなかった。どっちも大嫌いな映画だわ(笑)。パンフレットのニック・フロストの弁によると「彼の作品をセンチメンタルすぎると言う人もいるが、彼と一緒にいると、あれが本当のリチャードなんだ、と感じるんだ。正直な人なんだよね」ということで、わたしはその正直さを素直に受け取れない人間なのかも(笑)。

まあ、おおげさに感じたリスナーの反応なんかも、パンフレットのピーター・バラカン氏の文を読んだらあながち誇張でもないみたいで、当時のイギリスで同じように海賊ラジオを聴いてた人たちにはきっと別の感慨があるんだろうなぁ。あ、もちろん部屋とかベッドの上とかで踊っちゃうシーンとかはわたしもめちゃくちゃ楽しかったです。

とか、「あんまりいろんなコト考えずに」とか言いつつ余計なコトちょっと考えてしまったけど(笑)、大好きな60年代音楽とファッションも楽しいし、なによりも出てる俳優陣がみんなイカシてて、すごく楽しめました。サイモン役のクリス・オダウドの雰囲気がなんか一番60年代ぽかったと言うか、あんな人本物の(マイナーな(笑))ソフトロックバンドのジャケ写真にいそうだよねぇ(笑:下のポスター画像の左下の人)。ビル・ナイは言うまでもなく相変わらずキュートなおじさんでした。ツイードのスーツがおしゃれに似合ってた~。一番たまらんかったのは、久々に見たリス・エヴァンスだったけど!バカエロと言うか(笑)、ああいうタイプ、リアルでいたら苦手だけどリス・エヴァンスだから許せる~(笑)。ド派手なスーツも気取った帽子もナポレオンジャケットも、カッコイイわぁ~。マイクを舐めるようにしゃべるDJスタイルも、イヤ~ン、バカっぽ~いと思いながらも(笑)、ハートはドキドキ(←バカはワタシ)。見るまで知らなかったけどジャック・ダヴェンポートも出てたのが嬉しかった。と言うか、知らなかったと言えばカールのママ!!エマ・トンプソンだったとは、パンフレット見るまで全然気付かなかったよ!フィリップ・シーモア・ホフマンについては、もうこの人は芸達者過ぎて逆に何のコメントもない。わはは。あ、あとケネス・ブラナーも最高にイヤな奴になっててよかった(笑)。

パンフレット見たら、ドノヴァンの'Sunshine Superman'も使われてたらしいのに全然気付かなかったし、他にもディテール楽しみたいし、特典映像もきっと楽しそうなので、なんだかんだ言ったけどDVDはきっと買います(笑)。

と言うわけで今日のCDプレイヤーは久しぶりに朝から、Kinksを手始めに60年代特集中♪

31935.jpg



追記*
今、↑のトレイラー見てて気付いたけど、マークのハーレムシーン(笑)はひょっとして65年のイギリス映画『The Knack ...and How to Get It』へのオマージュ?

2009/11/01(日)11:23 | Movie | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/769-4a27094c
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。