pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point聖響×OEKベートーヴェン・チクルス・第3回@ザ・シンフォニーホール

c20090405.jpg

指揮:金 聖響
演奏:オーケストラ・アンサンブル金沢

プログラム:
序曲「コリオラン」 作品62
交響曲第4番 変ロ長調 作品60

(休憩)
交響曲第6番 へ長調「田園」 作品68

(アンコール)
「12のコントルダンス」より、第6番
---

聖響さんのチクルス3回目。考えたら今年はOEKのコンサートばっかり行ってるなぁ。あ、井上マエストロ指揮の大フィルってのもあったけど。今回はコンミスがアビゲイルさんじゃなく、1stヴァイオリンの前列2名が男性だったのでなんとなく残念(笑)。右側の人はなんでいつもあんなに股を広げて座ってるんだろー...とか(笑)。

「コリオラン」で、今から盛り上がるって箇所で一瞬明らかにオケの音を押さえてたところがあって、あんなの今まで聴いたことあったっけ。それにしても、ピチカートで終わってせめて指揮者の腕が下がるまで余韻に浸りたい感じのラストなのに、フライングで拍手した人がいて興ざめだった。聖響さんも、終わってからなんとなく苦笑いみたいな表情を浮かべてたような気がしたのはそのせい?

4番6番はそれほど思い入れがないせいか、実はなんだか今回は集中力が続かず。しかも4番はねぇ、クライバーさんの美しい指揮姿がいつもいつまでも焼き付いているせいか、どうにも判断できません(笑)。聖響さんもよかったけど。6番は気持ち良すぎて半分眠りながら聴いてて、鳥の声で目が覚めた(笑)。うーん、なんか今回のチクルスの感想って、こんな寝ぼけた事ばっかり書いてるような気がするけど、やっぱ日曜のお昼ってぼけーっとするよねぇ。え?しない?(笑)アンコール、美しかったです。帰りの道で「アンコールの、和音の響きが素晴らしかったー」って感想が聞こえて来たんだけど、わたしもそれくらいの感想書いてみたいもんです。でも、和音の響きってなに?ってぐらいの無知っぷりだから到底ムリですね。検索で来られた方、すいません。

次回12月は第九です。実は同じ日の夜には河内長野第九で指揮者練習なので、今度は寝ぼけてないでしっかり聴いとこう(笑)。

2009/10/19(月)18:30 | Music | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/760-0e5fd195
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。