pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointばってん。

みなさん、30日の選挙にはもちろん行かれるでしょうね?行かんとあかんで。

ところで、衆院選と一緒に「国民審査投票」というのが実施されます。有権者が最高裁裁判官を直接チェックするシステムです。裁判官のことなんてよく知らないしな~とか思ってましたが、今回はどうもきちんと意思表示した方がいいみたいですよ。以下を読んで、わたしはしっかりバッテンつけさせてもらうことに決めました。まあとにかく読んでくださいよ。
「リブインピース」http://liveinpeace.jp/のサイトより引用

---
『最高裁判官をあなたがチェック!!』


衆議院選挙の投票の時に、こっそり行われている最高裁判所の裁判官の「国民審査」、ってご存じでしょうか?

投票所で、選挙の投票をしたときに、よく知らない人の名前が何人か書いてある紙を渡されますよね。
それに、×をつけるかそのまま白紙で出すか、というあの投票を「最高裁裁判所の裁判官の国民審査」といいます。

実は、去年、イラク派兵違憲判決が出た後に、「竹内行夫」さんという人が最高裁の裁判官に任命されました(任命したのは麻生内閣です)。

この竹内行夫さん、実は、外務省の「事務次官」と言って外務省のトップだった人です(裁判官出身ではなくて、外務行政のトップだった人です)。

しかも、小泉さん時代に外務省のトップに君臨していて、ブッシュのイラク戦争支持や自衛隊のイラク派兵を決定し、実際に実行していった外務行政の責任者です。
イラク戦争に反対したレバノン大使(天木直人さん)を「クビ」にしたのも竹内さんです。

また、高遠さん達3人がイラクで身柄拘束されたときにも、「自己責任だ」と切って捨て、3人へのバッシングを引き起こしたのも竹内さんです。

今振り返ってみてどうでしょうか?

今やイラク戦争についてブッシュ元大統領でさえ「間違っていた」と反省をしています。
そして、イラク派兵については、名古屋高裁が違憲と判断しています。

竹内さんは、まさに間違っていたイラク戦争を支持し、違憲と批判されたイラク派兵を進めた張本人です。

麻生首相は、その違憲行為の張本人である竹内行夫さんを、あろうことか憲法の砦である最高裁に送り込んだわけです。

違憲判決が出た後に、わざわざイラク派兵の責任者を最高裁の裁判官に送り込んだ、ということは、「イラク派兵については全く反省もしない」「これからも今の憲法を守るつもりもない」という意思の表れに他なりません。実際に、政府は明らかに違憲のソマリア派兵を強行しています。

最高裁は、「憲法を守る砦」であるはずです。

行政が仮に憲法に反する政策を行った場合には、しっかりと「間違っている」と指摘していくことが求められています。「三権分立」からも当然のことです。

憲法を守る最高裁の裁判官にふさわしい人に裁判官になってもらいたい。

最高裁裁判官ふさわしくない人には退場頂きたい。

そのためにとても大事な手段があります。

それが、「最高裁裁判官の国民審査」です。

最高裁の裁判官は、国民の信任なく時の内閣によって選ばれてしまいます。でも、それでは国民と裁判所が完全に切り離されてしまう。そこで、最高裁判所の裁判官は国民の信任を受ける必要がある。
ということで、憲法上定められているとても大事な制度が、「国民審査」です。

裁判所を良くしていくのも、悪くしてしまうのも、本当は審査をする立場にある有権者である私たちひとりひとりにかかっているのです。そして、裁判所が平和憲法を守る立場に立たせるか、憲法をないがしろにする立場に立たせるか、も私たちにかかっているのです。

私たちの「平和憲法を守らせる」意思をしっかりと伝える。

そのために、今回の国民投票では、「竹内行夫」さんに「×」をつけることで、「平和憲法を守れ」という「平和への意思」を表明していきたいと思っています。裁判所に対して、政府に対して「平和憲法を守れ」という声を示していきたいと思います。

「バッテン」の数値は全選挙区で出てきますので、どれだけの人が平和への意思を示したかがはっきりします。

また、「公職選挙法」の対象になりませんので、ビラ配りも自由ですし、投票日に投票所近くで「竹内さんにバッテンを」と街頭宣伝することも道交法にあたらない限りは全くの自由です。ネット上での運動も自由です。

平和憲法をないがしろにする最高裁裁判官はいらない。
選挙では争点になりにくい平和の問題を、「平和のための国民審査」の形で明らかにしていこう。
(以下略)
---引用終わり。

詳しくはこちら↓
push_leaf.gif

と言うか、外交官からいきなり最高裁の裁判官になんかなれるんですね。そんなもんでいいんですか?よ~わからん。

他にもリンク。ぜひご一読を。

・「投票に値する候補がいないと思う人でも、投票所でできること」(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
・「今回の総選挙では政権交代より重要な事がある」(天木直人のブログ)

2009/08/20(木)21:55 | Days | トラックバック(0) | コメント(4)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>やきとりさん
あ、わたしも裁判員制度はんたーい。
ですので竹崎さんにもバッテンつけます。
せめてこういう運動が行きわたれば、少しは変わらないかなぁ。

2009/08/25(火) 22:42:14 | URL | [ 編集]

pointやきとり [私の場合は]

× 竹内行夫

× 竹崎博允

× 那須弘平

ですかねえ。特に竹崎さんは「裁判員制度」の言いだしっぺのおかげで、飛び級出世した浮世離れの人です。でも上級公務員枠なんてタダの天下り先だし、私はいつも全員に「ばってん」を付けているのですが、困ったことに今まで国民審査で罷免された裁判官はいないんですよね。

2009/08/25(火) 01:16:36 | URL | [ 編集]

pointみなみ虫 []

>たにしさん
新聞とかはもうダメですよねぇ。
お役に立ててよかったです!

2009/08/24(月) 23:05:13 | URL | [ 編集]

pointたにし []

一応選挙前にあらさがししようと、新聞に載ってた各人の経歴やらをみたんですがどれも当たり障りなく、判断材料になるものが全く無しでした。
自分で自発的に調べないと、普通に暮らしてたら判らないですよね~!

教えていただいてありがとうございます。

2009/08/24(月) 17:48:16 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/718-cbfbacb3
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。