pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointI am sorry, please forgive me. (追記あり)

e0049842_1313559.jpg

children.jpg

こんなことを、黙って見過ごせますか?!
むごい写真を載せて、ごめんなさい。
(上の写真では、爆撃後の瓦礫の中にこどもが埋まっています。下の3人のこどもたちは、ねむっているのではありません。すべて天災ではなくて、人災によるものです。)

アムネスティが、パレスチナ・ガザ地区への違法な攻撃の即時中止を求める緊急ウェブアクションを開始しました。いずれも名前とメールアドレスを記入してクリックするだけの簡単なものです。是非ともご参加を!

▽エフド・バラク イスラエル国防相あて
http://www.amnesty.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=webaction02_IOP_Israel

▽トニー・ブレア 中東和平特使あて
http://www.amnesty.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=webaction02_IOP_Qualtet

以前も紹介しましたが、ガザ封鎖の解除を求める署名↓
・パソコンからはこちら http://www.shomei.tv/project-433.html
・携帯電話からはこちら http://www.shomei.tv/m/project-433.html

引き続き、AVAAZ.orgの嘆願書署名↓
GAZA:GAZA: STOP THE BLOODSHED

また、このガザの攻撃とつながる計画が沖縄で進行中です。詳しくは、
『きっこの日記』:戦争反対!をぜひ最後までお読みください。
オンライン署名もはじまっています。こちら。↓
緊急!高江ヘリパッド建設反対のたたかいに支援をお願いします。http://www.shomei.tv/project-590.html

ヘリパッド建設予定地はユネスコの自然遺産候補にあげられる貴重な動植物の宝庫なのだそうです。以前からずっと思ってたことだけど、なんでアニマルライツの方々は、動物の虐待には敏感なのに、今回のような問題とかにはずっと沈黙しているんだろう?ヒューマンライツはブログのジャンルと違うから?他にも沖縄基地の問題だとか六ヶ所問題だとか、それこそ自然破壊だし動物たちの生活もかかっているんだから、全部繋がっていると思うんだけど、そういうことを取り上げている動物愛護系のブログはほとんど見たことがない(わたしが知らないだけ?)。まあ、わたしだって全ての問題を追いかけてるわけじゃないし、ブログに書きたいと思ってても書けてないことがほとんどで、お気楽な記事ばっかりかいてるから(そんでもって他力本願でサイドバーに「勝手におすすめリンク」を置いてるわけだけど)、エラそうに言える立場なんかじゃないし、ましてや非難するつもりも全くないけど、食べモノのこととか動物のこととか書いてるそのはじっこにでも、関係サイトや署名のリンクなんかをしてくれたら、もっといろんな人に情報が行き渡るのにと残念でならないのだ。それともただ単に知らないだけなのか...。


愚痴はともかく...、先日お知らせした10日(土)の大阪でのデモのコースが発表されています。
http://chizuz.com/map/map42615.html

また、11日(日)にもアメリカ総領事館前での抗議行動とキャンドル・ビジル(ビジル【 vigil 】とは、「寝ずの番」「夜伽(よとぎ)」「お通夜」などの意で、キャンドルを灯し、亡くなった方たちに思いをはせる集いのことだそうです。街に立って、意志表示することにも使います。)が予定されているようです。この週末は東京・京都・仙台などでも抗議行動が予定されています。情報は→P-navi(パレスチナ情報全般)、PeaceMedia(主に関西の情報)でご確認ください。

そんなことして何になる?と言ってしまったらお終いです。とりあえず、声をあげることしかできないならば、そうすべきだと思います。


追記:
WORLD PEACE NOWのメルマガより、ガザ在住のフリージャーナリスト、サファ・ジュディさんからの報告を転載、リンクします。1月5日現在の現地のリポートです。

---
私たちに残された最後のものを守るために

サファ・ジューデー
エレクトロニック・インティファーダ/Live from Palestine
2009年1月5日

1月3日の夜、私たちは悟った。イスラエルの戦争大臣エフード・バラクの言葉に正しいと言えるものがあるとしたら、それは唯一、この侵攻が長いものになるということだ。こちらの時間で午後9時15分、イスラエル軍は3つの地点からガザ地区に入ってきた。F-16が上空から掩護する中、ガザ市の東、そして、北部のジャバリヤとベイト・ラヒヤから、パレスチナの人々が住む地域に戦車隊が進軍してきた。同じ時刻に、ガザ最南端のラファにも、東南から戦車と歩兵部隊が侵入した。ガザ市のミンタル地区には戦車砲と大砲の砲弾が雨あられと襲いかかり、海からもガザ市に向かって戦艦からの一斉砲撃が起こった。ガザ地区全域が包囲され、ミサイルと大砲の猛烈な攻撃が続いた。

続きはこちらで→http://www.worldpeacenow.jp/090108-2.html

2009/01/08(木)23:42 | Days | トラックバック(0) | コメント(2)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>kateさん
いやいや、情けないとは思わないですよ。
わたしなんか、考える前に動いてしまうことが多々あるし(<よくないよなぁ。苦笑)。
簡単に解決する問題でもないですし、そもそも個人が声をあげたからって解決するとも思わないし、たまたま(今現在)爆弾を落とされる心配のない日本に生まれたわたしには、パレスチナの人やイスラエルの人の思いは想像するしかない程度にしかわからないし、単なるアリバイ作りにしかならないかも知れないけど、やっぱりこんな写真とか映像を見てしまうと、なんかせずにいられないというか...。国と国の立場がどうとかの理屈の前に、単純に、こんなことはやっぱりダメだと思うから。わたしはね。だから、ホントに非難じゃなくて、アニマルライツの人(に限らないけど)がうんぬんとか書いちゃったのは、単に不思議に思っただけです(笑)。まあ、みんながみんなわたしみたいに単細胞じゃないってことはわかっております(笑)。

2009/01/09(金) 00:59:12 | URL | [ 編集]

pointkate []

多くの情報をありがとうございます。
うーん・・私自身、どうしても心のどこかに“遠い国での話・・”という意識があるんだろうと思います。それと、考え出すと何を解決すれば良い方向に行くのかが分からなすぎて、考えることを頭が拒否している部分もあるかもしれません。はぁぁ・・我ながら情けない。。。
でも、“1つの命が消されてるのを阻止する”っていうのがどうしてこうも難くなるんでしょうね。“正義”の名の元に人は“優しい”まま思考停止に陥ってるんだろうな。←私も含め
土曜日は参加できませんが、他の出来る範囲のことは手を出そうと思います。考えがまとまり次第、自分も記事にしようと思います。

2009/01/09(金) 00:41:17 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/560-2c642b06
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。