pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point『奇跡のシンフォニー』 [DVD]

奇跡のシンフォニー奇跡のシンフォニー
(2008/10/22)
フレディ・ハイモア、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル、ロビン・ウィリアムズ、テレンス・ハワード ほか

商品詳細を見る

公式サイト→http://www.kiseki-symphony.com/ (なぜかうちのPCでは映像が表示されません)

いつも読んでるブログで公開時に大絶賛されていたので観てみました。鑑賞一回目は、あまりにもナイーブで都合の良すぎるストーリー展開に、どうにも感情移入できなかったんだけど(初対面でいきなりあんな熱っぽい目であんな話して歌われたら普通ひくやろ~とか、そんでいきなり寝ますか~とか、10年以上もブランクあってNYフィルと共演とかありえるのかとか、ベートーヴェン講座であんな話を聞いた後もあって「いくら神童って言ってもなぁ」と、エヴァンの音楽的才能の進歩にリアリティを感じられなかったりとか、いろいろと)、気を取り直して二度目は『音楽に関するファンタジーもの』と割り切ってみたら、なかなか素敵な映画でした(笑)。

特に、違う場所で鳴ってる音楽が、ロックとクラシックでジャンルが違うけどシンクロしてるシーンとかよかったな。「音楽はそばにある」と言われても、わたしは完全にそれが「聴こえない人」なので、聴こえる人が集めてくれたその宇宙の音とハーモニーを聴かせてもらうしかないんだけど、そっかぁ、シンフォニー(に限らないんだと思うけど)って、宇宙の音なのかぁ~と思うと、ベートーヴェンの音楽がまた違って聞こえるようで楽しかったり、それだけでもこの映画観て良かったかも。って結局それかい(笑)。パイプオルガンのシーンも感動。あんな風になってるんだ~。いつか生で聴いてみたいな。あと、ルイス(ジョナサン・リース=マイヤーズ)とエヴァン(フレディ・ハイモア)の即興演奏のシーンも、楽しそうでうらやましいくらい良かった。はぁ~、やっぱり音楽はいいねぇ。

ところで、エヴァンの誕生日が、ベートーヴェン洗礼日の12月17日って言うのは小ネタだよね!(笑)

2008/11/04(火)22:52 | Movie | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/514-f512acd2
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。