pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会 Vol.7@いずみホール

1031.jpg

演奏:モザイク・カルテット

プログラム:
J.S.バッハ/フーガの技法 BWV1080より ?.?.?.?.
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第4番 ハ短調op.18-4
(休憩)
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 「ラズモフスキー第2番」op.59-2
(アンコール)
ハイドン/弦楽四重奏曲第66番 ト長調op.64-4 Hob.?-66より第3楽章

---

6月からの全曲演奏会も来月で終りでさみしいなぁ。今日のカルテットは、プログラムによると「現在、古楽器による弦楽四重奏団としては最高の団体の一つに数えられている」んだそうで、使っている楽器は、ガット弦を張ったピリオド楽器。

いつもとプログラム順番が違ってて今日は最初にベートーヴェン以外の曲から。おお、バッハの「フーガの技法」はわたしもCD持ってますよ!(笑)とは言え、修行が足りないわたしにはどうも記号的にしか聴こえず、ほとんど聴いてない。なんか今日も美しいんだけどただそこに鳴ってるだけの音楽でした。ベートーヴェンのフーガにはわけもわからずやたら燃えるのに、なんでだ?(笑)

だけど、こう言っちゃ何だけど今日の演奏はもひとつぐっと来ず...。わ~ごめんなさいごめんなさい!!(汗)

え~。どうにも的確に表現しにくいんだけど、優雅な感じで良かったんですけどね、なんだかですね、1stヴァイオリンの強弱の付け方というか、その辺がいまいちわたしの好みじゃなかったと言うか、どうも自分に酔ってらっしゃるよな感じがして、なんかカルテットの楽しさみたいなのが感じられなかったというか、それにもうちょっとストイックな感じの演奏の方が好みかな~なんて思っちゃったりなんかして、「ストイックな感じってどんなんやねん?」と言われると説明に困るんですけど、そんでほんの時々、ここぞって時に微妙に音が出てなかったりしたのもちょっと気になったりして、いや、多分全てわたしの気のせいだと思うんですけど、んむ~...。わたしはなんだかちょっと物足りなかったんです。生意気言ってすいません。<誰に謝っているのか(笑)。

アンコールのハイドンの方は、いいなぁと思ったんですけどね。むにゃ~。

2008/11/01(土)00:15 | Music | トラックバック(0) | コメント(2)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>クワチョロさん
や~、すいません。
だけど理解していただけてちょっとほっとしてます(笑)。

>あのデブの微妙な崩し方
ぎゃ~そんな、思ってたけどあえて書かなかったことを!(笑)
なるほど、良くも悪くも、ですか~。
そですね~、ホント好みの問題なんですが、ガッチリ系の方が好きかも知れません。
今回いろんなカルテットを聴けて、ちょっとだけ自分の好みがわかって来た気がします。

うう、わたしもウィーンで聴いてみたい...。

2008/11/02(日) 20:58:25 | URL | [ 編集]

pointクワチョロ []

こればっかりは好みの問題なんで残念です。
自分はモザイク大好きなんですが。

みなみさんの仰ってること、よく分かりますよ!
あのデブの微妙な崩し方、あれはですね・・・良くも悪くもウィーン流です(笑)
同じウィーンでも、アルバンベルクやハーゲン、キュッヒルはもっとガッチリ弾きますからね。
ストイックと言えるのかもしれません。

今日の演奏が無気力だった可能性もありますが・・・ウィーンで聴いた彼らはヤバかったです。
12番のアンコールにまた12番の1楽章をやってくれました(笑)

2008/11/01(土) 01:59:47 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/511-09400105
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。