pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointオーケストラ・アンサンブル金沢 神戸演奏会@神戸新聞松方ホール

p1021.jpg

指揮:井上 道義
演奏:オーケストラ・アンサンブル金沢

プログラム:
ベートーヴェン/
序曲「コリオラン」op.62
交響曲第1番 ハ長調 作品21
(休憩)
交響曲第8番 ヘ長調 作品93
(アンコール)
吉俣 良/NHK大河ドラマ『篤姫』テーマソング
---

コンサート帰りはいつもその日の演奏曲をヘッドフォンで聴きながら帰るんだけど(もちろん違う指揮者+演奏者音源)、今日は井上さん+オーケストラ・アンサンブル金沢の余韻に浸りたくて、何も聴かずに帰って来た。それほど素晴らしく、すっかりノックアウトされてしまったよ~。オーケストラ・アンサンブル金沢、なんて素敵なオケなんでしょか...。それに井上さん、かっこよすぎる...。愛人にしてください(<オイ)。とかまあ、アホな話はともかく(笑)、ベートーヴェンの交響曲の中では地味な(と、一般的には認識されてるんじゃないでしょか)第1番と第8番を、とびきり魅力的に、パワフルに聴かせてくれました。

1曲目は「コリオラン」。確か前に草薙くんのポン酢かなんかのCM(笑)で使われてたと思うので、聴いたら知ってる人もいるかもね。わたし自身はこの曲を聴くことってそれほど多くなかったんだけど、第1主題の緊張感と、第2主題の優しい感じのコントラストがすごくいいなぁ。

第1番の第1楽章は、地に足がついたというか、早すぎずじっくり聴かせる感じでだけど重くもなく、意外な感じがしたけどすごく良かった。全体のバランスが良いのはもちろんなんだけど、弦楽器、特にファーストヴァイオリンがきびきびとして素晴らしい鳴らしっぷりでほれぼれしちゃう。コンミスのキャラクターによるところも大きいんだろうなぁ。奇しくも(?)去年の今ぐらいに、いずみホールでアンサンブル金沢+ギュンター・ピヒラーさん指揮で7番と8番を聴いてるんだけど、今よりさらにわけわかんないままに書いた日記にも、「コンマスの女性がよかった」とか書いてある(笑)。第4楽章の序章のぴーんと張りつめた緊張感のあと、軽快に疾走してくところでは、全身鳥肌が立ったよ。1番ってこんなにカッコイイ曲だったんだよなぁ。

20分の休憩のあと、第8番。ベートーヴェンが「小さな交響曲」と呼んだらしい、小ぶりな曲で、7番や戦争交響曲と一緒に演奏された当時はそれほど人気がなかったらしいですが、わたしは大好きさ~。しかしこんなに可愛くて喜びに溢れたような曲なのに、第1楽章のっけからうるうるが来たのはどうしたことかしら。熱演のせいで(井上さん談)、途中でコンミスのヴァイオリンの弦が切れたんだけど、そういう時って、後ろの人のヴァイオリンを順々に前にまわして、弦が切れたヴァイオリンは後ろにまわして、受け取った一番後ろの人が弦張替に舞台裏に行くんですね~。あっという間のことだった。そんなことにも感動したりして。8番も、一音一音大切にされてるんだけど小さくまとまってしまうことなく、メリハリの利いた演奏で、ほんとに気持ち良かった。はぁ、なんか辛いことがあっても、第3楽章のホルンとチェロのパートを聴くと、優しい思い出のようなものに浸れる気がするんだなぁ。ベートーヴェンもそうでしたか?なんてね(笑)。素晴らしい演奏を聴くと、やっぱりベートーヴェンに感謝したい気持ちが溢れて来るんだけど、今日もしみじみそう思いながら聴いてました。それと、なんだかもうどんな表現したらいいんだかわかんないんだけど(笑)、井上さんがタクト振るたびなんかが飛んでるんですよ。って、5月のミサ・ソレムニス聴いた時にも同じようなこと書いたような気がするんだけど(笑)。胸いっぱい、至福の第8番でした。改めてブラボー!井上さん、アンサンブル金沢、そしてベートーヴェン!

アンコールはなんと『篤姫』のテーマソング。観たことないから知らなかったんだけど(井上さんも「あんまり観ない」そうですが(笑))、この曲指揮されてるんだそうです。アンコールにちょうどいい感じの曲でした。

コンサート後、CD買った人にサイン会がありました。もちろん買いましたとも(笑)。だけど残念ながらベートーヴェンがなくてモーツァルト(交響曲39、40、41番)。まぁ実は一枚も持ってないから良い機会かな。で、ドキドキしすぎて倒れそうになりつつ(笑)、「今日はリハーサルから聴かせていただいて、本番も感激しました!(「感激」じゃなくて「感動」でしょ~(心の声))」と言ったら、「あ、そう~。どうでしたか、両方聴いてみて感想は~?」みたいなことをにこやかに尋ねられ焦りまくり、「え~、そんなこと訊かないでくださいよ~(汗)。」とごまかしたら、「いや、さっと文章で答えられるようにしてくれなくちゃ~。」みたいなことを言われたので、「えーと、家に帰って一人になってからやります...(そのままやん!(心の声)」とか答えてしまったりして、いや~ん、いっぱいしゃべっても~た~。休憩時間にビール飲んで勢い付けといて良かった~(笑)。そんなこんなでサインしていただき、のぼせあがって気付いてないうちに握手までしてもらってることに気付いてさらにのぼせあがり、厚かましくも「ベートーヴェンも早く出して下さいね。」なんて事までお願いしつつ、お礼言って去る間際に井上さんが謎の一言、「水玉ね...。」って、それわたしが着てるワンピースの柄ですやん!キャー!(意味不明)

いや~そんなこんなでいろいろ楽しかった(笑)。あ、アホな事ばっかり書いてますが、井上さんがかっこよかったからコンサートが良かったとか言ってるわけじゃないので一応念のため(笑)。ベートーヴェンがかっこいいから(<ホントかよ)ベートーヴェンの曲が好き、なんじゃないのと同様、むしろ逆ですから!なぜか誤解する人もいるんだよなぁ~(笑)。それにしても真面目な話、このタッグで本当に早くベートーヴェンの音源出して欲しいですよ。

あ、ちなみに帰りの電車でアンサンブル金沢のメンバーの方たちがいて、バラバラでしかも電車で帰るんや...とびっくりした(笑)。

時間の順序逆だけど、日独協会の講義+ゲネプロ見学の事はまた後日~。長文読了お疲れ様でした~(笑)。

2008/10/21(火)23:59 | Music | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/502-4a30e7ca
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。