pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point最近の買い物。[CD]

ベートーヴェン:歌曲全集ベートーヴェン:歌曲全集
(2004/05/26)
シュライヤー(ペーター)、ワルター(オルベルツ)

商品詳細を見る

『ベートーヴェンの精神分析』(福島章:著)を読んでて、『遥かなる恋人に』とか『愛されない男の溜息と愛を返すこと』などなどの歌曲を聴いてみたくなり、ソニーの全集に入ってるかと思い込んでたけど、歌曲は全然カバーしてなかったみたい。タワレコでは(多分)全く同じ内容でBrilliantから半額ぐらいの廉価版が並んでたんだけど、歌詞がついてるからには意味が知りたいしって事で、泣く泣く(笑)日本盤購入。まぁでもそれでよかった。詩はもちろんベートーヴェンが書いたものじゃないけど、どんな詩に曲をつけてるのか見るだけでもけっこう楽しいんだけど、クラシックの「歌曲」を、思ってたほど抵抗なく普通に聴けてしまう自分にちょっとびっくりよね(笑)。まぁ、言ってみれば歌ものだからこっちが元々の好みだったか、って話でもない(笑)。ベートーヴェンだったらなんでもいいんかい?!・・・そうかも(笑)。それにしてもジャケのデザインもうちょっとなんとかならんか。


ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(ステレオ録音)ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集(ステレオ録音)
(2007/11/07)
ブダペスト弦楽四重奏団

商品詳細を見る

そろそろアルバンベルク以外の音源を聴いてみてもいいかなと思っていたところに、前から気になってたのがタワレコにて期間限定10%オフしてたので+ポイント一部で思い切って購入してたのを、アップしそこなってた。作品番号順にちゃんと入ってくれてるのがいいなぁ。だけどケース大きすぎですソニーさん...。

50年前のブダペスト四重奏団の演奏。実はまだじっくり聴けてないんだけど(結局アルバンベルクをまだしつこく聴いてる)、11番とかちょっとものたりない感じもあり。しかし、いろいろ聴いてみても、クラシック通の方々の、演奏に関する蘊蓄はわたしなんぞにはまだまださ~っぱり理解できません(笑)。「これはベートーヴェンが意図した四重奏であるか?と言う点では疑問符を付けざるを得ない」とか、「滑らかな肌ざわりで曲が若返ったとも言えるが、やや美しすぎたのではないか。ベートーヴェンは手強い。」とか、楽譜が読めたら言えるようになるんかいな?「ベートーヴェンの意図」って、楽譜でしかわかんないよね?あ、あと、会話帳とか手紙とか日記とか(そっちはほとんど読んだ(笑))から読み取るとか?だけどきっとわたしには一生かかっても無理な気がする(笑)。演奏家じゃないんだから、んなこと気にせず聴いてて十分楽しいんだからそれでいいんだとも思うんだけど、わかった方がさらに楽しくなるのかなとか、コンサートの感想が毎回稚拙すぎてちょっと情けなかったり(笑)。まぁ、能力不足なんだから諦めるこってすが。というわけでクラシック関係の検索で辿り着かれたベテランのみなさま、こんなブログですみません(笑)。

2008/10/11(土)09:12 | Music | トラックバック(0) | コメント(2)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>クワチョロさん
すごく参考になるコメントありがとうございます!嬉しいです。
う~、長くなる「この辺の話」、じっくりうかがってみたいですよ~(笑)。

アルバンベルクのDVDなんてあるんですね~。ぜひ観てみたいです。
たしかクワチョロさん、解散コンサート(?)聴きに行かれてましたよね?

>鳴ってるのはベートーヴェンの音楽なんですから!
はぁぁ~(溜息)。まったく、おっしゃるとおりです...。
なんか、その一言だけで感動してしまいました(笑)。

まだまだ「自分の理想」もよくわかってませんが、
いろんなベートーヴェン、聴き続けていきたいです。
ありがとうございます。


2008/10/11(土) 21:51:02 | URL | [ 編集]

pointクワチョロ []

アルバンベルクは賛否両論ありますが、自分は大好きです。
ライヴ盤がDVDとCDで出てるのですが、映像がつくとさらにヤバイです!
「ベートーヴェンの意図」って昔に比べてオーケストラ等は規模が違うし、なかなか難しい部分があると思います。
ただ1つ言えるのは、ベートーヴェン自身が自作の演奏をする場合においても、日によって違う解釈だったり楽譜に無いペダルを多用するなど、必ずしも楽譜に忠実ではなかったらしいです。(人には楽譜に忠実に弾けと言ってますがw)

この辺の話は長くなるのでもう止めますが、自分が思うのはどういう解釈であれ
演奏に気持ちが入ってることが大事だと思います。
「自分たちはこうしたいんだ!」みたいな確信に近い意思を持った演奏。
それはどんな形であれ人の心を打つと思います。
鳴ってるのはベートーヴェンの音楽なんですから!

たまに、自分の好み・理想とは違うけど感動する演奏ってあるじゃないですか。
あれって正にそう言う事だと思うんです。
自分はそういう演奏を求めたいですね!
長くなってゴメンなさい^^;

2008/10/11(土) 12:00:53 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/475-b651e661
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。