pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point『楽園をください シビル・ガン』 [DVD]

楽園をください シビル・ガン 楽園をください シビル・ガン
(2001/08/03)
トビー・マグワイア、スキート・ウーリッチ、ジュエル、ジェフリー・ライト、ジョナサン・リース・マイヤーズ

商品詳細を見る

トビー・マグワイア祭りだわっしょい。

なんだかな~なタイトルですが(確か公開当時は「シビル・ガン」なんてのも付いてませんでしたよね?)、原題は'Ride with the devil'。アン・リー監督、南北戦争当時にアメリカの中央に位置するミズーリ州で南軍派のゲリラ隊として戦った少年達の物語です。詳しくは公式サイトで。→http://www.asmik-ace.com/Rakuen/

かなり重いストーリーで時間も2時間ちょっとと長いんだけど、一気に最後まで引きつけられて観ました。観た動機は不純だったけど(笑)、思わぬ掘り出しものでした。しかしまぁ「大義のための戦い」がどんどんエスカレートして来て、一体何のために戦って、殺して、傷を負って、死んでいくのかわからないのがホントにやるせなかった。まったく、男どもは...などとついつい言いたくなる。それに比べて、SSWのジュエル扮するスー・リーの逞しいことよ。負け犬のわたしから見たら、ふてぶてしいとも思えるほどでしたが(笑)。ジェイク(トビー・マグワイア)とホルト(ジェフリー・ライト)の関係が、少しずつ変わっていくところも良かったなぁ。

祭り中の(笑)トビーくんですが、長髪が意外と似合っててかっこよかった~。その髪を切ってヒゲも剃るシーンがあるんだけど、全然雰囲気が違う!それがまた、この戦いの悲しさを物語ります。小指が、最初話してたようにじゃなくて、全然違う形で役に立って良かったよね...。心なごむシーンでした。やっぱり、当たり前だけど殺してもダメだし死んでもダメですよ。ほんとに。ピット(ジョナサン・リース・マイヤーズ)に対するジェイクの選択に、救われた気がした。そんでまたトビーくんやっぱり可愛かったわ~。「15人(だったっけ?)殺した」って台詞のシーンとか(笑)。って、この台詞だけだと、どこが?なんだけど(笑)、まあDVDレンタルでもして是非観てください。すごくいい映画です。

2008/09/03(水)12:30 | Movie | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/463-0580f121
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。