pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point『ダークナイト』 [映画] (※追記あり)

darkknight.jpg

日本版公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、アーロン・エッカート、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン ほか
(原題:The Dark Knight・2008年・アメリカ・152分)
---

ジョーカー怖すぎ!!まるで悪夢。「心がない」とは彼の事だ。自分は心がないくせに、人の心は熟知していて、残虐に弄ぶのだけを楽しんでる。もうしょっぱなから容赦なさ過ぎて、小心者のわたしはビクビクしっぱなしでした(笑)。ナイフとか痛いし!やめて~!だけど、悪魔のような存在なのに、妙にリアリティがあるところが一番怖いのかも知れないなぁ。性善説を信じたいけど、ジョーカーみたいな人、いそうだもん。一体何が彼をこんな風にしたのかな?親の話も妻の話も、本当っぽくもあるし嘘っぽくもあるし。とか、考えずにいられない。ヒース・レジャー、この役が遺作とは、すごいと言うか何と言うか...。う~ん。

しかし今回もバットマン、クソマジメでしたねぇ。ジョーカーでなくても、「Why so serious?」と言いたくもなるけど、まあ彼の場合、他のアメコミヒーローとは違って、ゴッサムシティーを守るために自分で苦労してこの力を獲得したんだから、クソマジメになるのもむべなるかな、なのかもね。レイチェルの気持ちを勘違いしてたり、ちょっとかわいそうでもあったな...(笑)。

2時間半の長さは全然感じなかったけど、面白かったんだけど、しかしなんか物足りない感じがするのはなんで?やっぱり、アメコミはX-MEN(但しブライアン・シンガー監督分のみ)が最高だよなぁ~!と、断言できるほど、よく考えたらアメコミ原作映画って全然観てないことに気づいたので(笑)、今日はブックオフで500円とかだったのもあって今さらながら『スパイダーマン』と『スパイダーマン2』の2枚組デラックス・コレクターズ・エディションDVDを買ってみました。自分でも意味がわかりませんが(笑)。

あ~でもでも!この映画、どうせ観るんなら映画館のでっかいスクリーンで観るべきですよ。ビルの上を飛んでるとことか、ビルから落ちるとことか、窓からゴッサムシティーを俯瞰してるとことか、ゾクゾクするから。










実は尻あご好きなのだろうか、わたし...(笑)。



※ここから追記です(笑)。

「なんか物足りない感じがする」のがなんでかちょっとわかった。この映画には、ヒーロー物にあるカタルシスというものがないんだった。たったひとつだけ救いはあったけど、二度目の奇跡は起きなかったし、どう考えても最悪のシナリオに、苦々しいエンディング。残ったのは悲しみだけ。一応は捕まったとは言え、バットマンも、観客であるわたしたちも、結局最後までジョーカーに嘲笑われたまま終わっちゃったもんなあ。そこがこの映画の面白いところと言うか、怖いところなんだろうな。

2008/08/20(水)00:00 | Movie | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/451-5dfa2a8c
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。