pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point最近の買い物。[CD]

Beethoven: The 9 SymphoniesBeethoven: The 9 Symphonies
(1994/09/20)
John Eliot Gardiner, Orchestre Revolutionnaire et Romantique 他

商品詳細を見る

Amazonマーケットプレイスにて中古が割安で出ているのを発見、誰かに拾われてしまう前にと、たまらずついに買ってしまった。

古楽器演奏で、ベーレンライター版の楽譜を使用しているそうです。ベーレンライターとはドイツの楽譜出版社の名前でありまして、80年代にベートーヴェン自身によるスコアの正誤表や印刷見本などが発見されたことで、ベートーヴェンの意図した通りに校訂されたスコアで、それ以前はブライトコップフ社の物が使われていました。なんてのは、調べた記事からの受け売りですけど(笑)。

わたしが初めて買ったベートーヴェン交響曲全集のジンマンさん指揮のも、このベーレンライター版使用という事だったんだけど(ただしかなり自己流入ってるらしい)、ジンマンさんのが「軽い」と感じるのに対して、ガーディナーさん指揮のは「軽やか」って表現が当てはまるでしょか。もちろんわたしなんかにゃ旧版と新版のちゃんとした違いなんぞ識別できる訳もなく、この「軽やか」さも、それによるものじゃないかも知れないんですけども(笑:ちなみに古楽器とモダン楽器の違いもようわからんダメさ加減ですすいませんすいません)。8番の第4楽章とか、やや重量感あるセル先生とかのを聴きなれているわたしには早すぎて、「おいおい待ってくれ~」って感じだったりもするんだけど、こういうのも結構好き。それと、なんだか音の感じが華やかでいいんだなぁ。6番なんて、うっとりですわ...。

それにしても、去年の6月頃からベートーヴェンの曲(しかもほとんど交響曲ばっかり)を聴かない日はないくらいなのに、しつこく飽きないのは、一体どうなってるんですかね?(笑)

2008/02/10(日)11:10 | Music | トラックバック(0) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/312-3b101dfc
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。