pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

pointガラクタを捨てるのだ!

とりあえず橋下氏は立候補しないぐらいの良識はあったようですね。だけど、死刑執行だとか、生活保護の引き下げだとか、アメリカのマネしたいかがわしい電子投票制だとか外国人指紋採取と顔写真撮影の入国管理制度だとか、ネット情報の規制うんぬんとか、その他もろもろ、気持ちの悪い話ばっかりでやんなっちゃうよ。まったく、息が詰まりそうです。

そんなこんなとは全然関係ないけど、只今不要品の整理中で、部屋中大混乱、「引越ですか?」って感じなのです。平積みされてたから流行ってるんでしょか?きくちゆみさんがブログに書かれていて、ちょうどCD裁判中だったのもあって、踏ん切りつけるために(笑)参考にしようと思って買った『ガラクタ捨てれば自分が見える』にすっかり感化されて(笑)、2年半前の引越時に処分できなかったモノも含めて、全部すっきりさせるぞ!と意気込み盛り上がってるんだけど、最初に始めた本の整理でやっぱりぐだぐだ悩み中(笑)。

学生の時に読んだ、紙も赤茶けた太宰治だとかドストエフスキーだとかディケンズだとかなんだとかの新潮文庫やら、またいつか読みたくなるかも、と思って実家を出た時からず~っと一緒に移動してるけど、その間一度として(整理の時以外)開いたことないのに、いざ捨てるとなると悩ましいんだなこれが。貧乏性。読んだ本でも、内容殆ど覚えてないのがまた「読むかも」と思わせられます。太宰なんか、自分が暗~い時代にはまったので、ネガティブなパワーが宿ってそうな気がしないでもないから(笑)、もう処分してもいいと思うんだけど。あと捨てにくいのは、気に入った写真が載ってる雑誌だとかフェリシモのカタログだとか。作家は好きだけど内容はいまいちなのに「揃えてる」ってコレクション魂のせいで持ってる漫画本だとか(CDもそういうパターンあるなぁ)。自分の執着心がイヤになるね(笑)。

(今思ったけど、本は買わずに図書館、が理想なんだろうなぁ。で、後から「あれもう一度読みたい」と思ったときに買えばいいのかと。だけど近くに図書館がないんだよねぇ。ってのはやっぱ言い訳に聞こえるでしょか(笑)。)

今までも引越のたびに少しずつ処分してきてるから、残ってるものは自分の中ですでに多少は厳選されたものなので、これをさらに、と思うと見てるだけで「わ~~~っ!!」って叫びたくなる(笑)。いやいや、だけど、がんばります。だってまだまだ生ぬるいもん。大学卒業してから友達とやりとりした、他愛のない可愛い内容の手紙の束も、やっと、思い切って処分した。読むと懐かしさがこみ上げるけど、ノスタルジーのためにいつまでも置いてても仕方ないし...。本の他にも、使ってない雑貨とかいろいろ、ヤフオクにミクシの「もらってください」コミュも活用させてもらうぞっと。は~、しかし先は長い(笑)。

で、現在200枚くらい選出してほったらかしになっているCD裁判ですが、さらに厳しく思い切って増やす予定(笑)。どっかの中古盤屋に出す前に、ここで1枚500円くらい(...高い?)で「いりませんかページ」を作ろうかと思っているので、よかったらよろしくお願いします(笑)。実はプラケースを薄いビニールケースに入れ替えてしまってるものがたくさんあって中古盤屋にはすぐに出せないので、まずは数減らし、苦肉の策。(うーん...スペース確保のためとは言え、非エコな事をしたもんだ。)なので、ビニールケースで引き取ってもらえる人歓迎!って、部屋の現状見てるとリストいつできるやらわかりませんが(笑)。

ま、わたしの物欲は止まりようもないけど、これからはせめて自分の部屋だけでも、できるだけ風通し良くしときたいもんだと思う次第であります。

2007/12/10(月)18:48 | Days | トラックバック(0) | コメント(2)

前ページ | | 次ページ

pointみなみ虫 []

>鍵コメさん
そちらにお邪魔します~。

2007/12/11(火) 22:50:16 | URL | [ 編集]

point- [管理人のみ閲覧できます]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/12/11(火) 08:02:40 | | [ 編集]

pointコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

pointトラックバック

トラックバックURL
http://muimui373.blog76.fc2.com/tb.php/283-ae27311c
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。